エチケットがなってないタバコ者にイラッ!いつかはタバコストップにやる

駅舎のベンチに座って汽車を待っていたり、公園や停車駅のベンチに腰掛けている時に空いている隣席へ後から座りに来た人間が何も言わずにサッと煙草を取り出して吸い始めた時にイラッと行なう。
ここは喫煙しない上に煙草の異臭がすごく不快のに、断りもなくいきなり流れて来る煙草の煙は公害以外の何物でもありません。
しかもこちらが先に席を確保して座っていたにも関わらず、どうして後からきた人間に無言で殴り込みされなければならないのか記録に苦しみます。
タバコ者は煙草の異臭が吸わない者にとってどれほどの問題か分かってないのでしょうか。
いつもならそういった状況になったら即座に立ち去りますが、先に座っていたあたいがなんで逃げなければならないのかと理不尽に思います。
一度虫の居場所が悪かった時に「煙草消してください。ここは妊婦だ」と著しく言い放ってやったら彼女は「ごめん」と慌てて逃げていきました。
タバコ者が煙草を楽しみたい気持ちは分かりますが、煙や異臭がどの程度のエリアまで広がっているのかを理解してほしい。
増税やタバコエリアが狭まってあるタバコ者の悲しみも分かりますが、煙草はきちんと作法を守って楽しんで頂きたいなと思っています。
キレマッスルが欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>